白髪染めトリートメントの【よく染まる】使い方|染まらない問題を解決!

髪を傷めたくないから白髪染めトリートメントを使ってみたけど、白髪が染まらない…
そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

管理人
わたしも、パサパサ・うねりがイヤで白髪染めトリートメントを使い始めたころ、うまく染まらなくて困っていました。
髪が痛むのはイヤだし、でも白髪が目立つのもイヤだし。。。

そこで、いろいろ試して「これがベスト!」という使い方を見つけました。

ただし、通常の白髪染めトリートメントの使い方よりも、少し手間がかかります

なので、面倒だな〜と思うこともあるのですが、でもパサパサ・うねりがヒドくなったり、髪が細くなるのはホントにイヤなので、この使い方を続けています。

ちょっと一手間かけるだけで、しっかり染まるのに、髪にふんわりとボリュームアップして、ツヤもハリも出ています✨

そんな白髪染めトリートメントがよく染まる使い方をご紹介します。

白髪染めトリートメントで白髪がしっかり染まらないという方は、せひ試してみてくださいね^^

よく染まる白髪染めトリートメントの使い方

白髪染めトリートメントをしっかり染めたい場合は、入浴前に白髪染めトリートメントを塗って放置して、そのあとお風呂でシャンプー&コンディショナーをするというのが一般的な方法。

ですが、よりしっかり染めるためには、シャンプーは白髪染めトリートメントの前におこないます。

その目的は、
シャンプーで汚れをしっかり落とした状態で白髪染めトリートメントを使うため
白髪染めトリートメントのあとのシャンプーによる色落ちを防ぐため

です。

そして、今回ご紹介する白髪染めトリートメント使用の流れは、
シャンプーする
 
白髪染めトリートメントする
 
放置する
 
コンディショナーする
です。

この流れだけ見ると、一般的な使い方なのでは?と思われるかもしれませんが、流れは一般的でも内容が少し違います。

というわけで、ひとつひとつ詳しく解説していきたいと思います^^

髪をブラッシングする

まずは髪をブラッシングします。

ブラッシングは髪のもつれを取っておくことで、シャンプーの際の髪へのダメージを防ぐだけではなく、汚れを軽く落とすという目的もあります。

とはいっても、特別なブラッシング方法でおこなうわけではなく、普通にブラッシングすればOKです^^

洗面台でシャンプーする

シャンプーは洗面台でおこないます。
洗面台でシャンプーしづらい場合は、お風呂でおこなってもOK(服を着たまま髪だけ洗う)。

なぜ洗面台でシャンプーするかというと、放置時間が長くなるからです。

お風呂で30分間ほどじっと待っているのはしんどいですよね。
それに、入浴中でなければ、ほかの用事をおこなったりと、待ち時間の有効活用もできます。

管理人
もしお風呂で30分待ちも大丈夫!という場合は、フツーにお風呂でシャンプーしてもOKです^^

白髪染めトリートメントを塗る

シャンプーしたあと、タオルで髪の水気をしっかり拭き取ります。

髪がベタベタに濡れている場合、白髪染めトリートメントが垂れてしまって、顔についたり部屋を汚してしまう可能性があります。

そのため、しっかり水気を取ってから、白髪染めトリートメントを塗ります。

たいていのメーカーさんは『素手で塗ってもOK』と取説などに記載されていますが、個人的にはビニール手袋着用がおすすめです。

手についても石鹸で落とすことはできますが、爪に入り込むと洗うのがけっこう大変だったりします。

管理人
わたしは100均のビニール手袋(100円で何十枚か入っています)を使っています。
手をゴシゴシ洗う手間も省けるし便利ですよ^^

30分ほど放置する

白髪染めトリートメントを塗ったら、30分間ほど放置します。

白髪染めトリートメントはヘアカラーと違って、ツンとくる匂いがないですし、ヒリヒリしたりもしないので、待ち時間が苦痛じゃないというのも嬉しいポイントです^^

コンディショナーで仕上げる

30分間放置したら、ここからはお風呂タイム。

洗面所で白髪染めトリートメントを洗い流しても良いのですが、わたしはついでに入浴します。
そのほうがキレイに洗い流せますし、入浴もできて一石二鳥♪

白髪染めトリートメントを洗い流したら、コンディショナーで仕上げます。
コンディショナーの代わりに、白髪染めトリートメントを使ってもOKです^^

これで白髪染めは完了です。

よく染まめるためのポイント

白髪染めトリートメントでよく染めるために、おさえておきたいポイントをご紹介します。

整髪剤・ヘアケア剤はしっかり落とす

髪に整髪料が残った状態では、白髪染めトリートメントの染料がしっかりと付着しません

そのため、スプレーやヘアオイル,洗い流さないトリートメントなどをシャンプーでしっかり落としてから、白髪染めトリートメントを使ってくださいね^^

ノンシリコンシャンプーを使う

シャンプーに配合されているシリコンは、髪に付着して、指通りをよくするのが役割。

つまり、髪のデコボコを埋めたり、表面をおおって、髪の表面をツルンとさせているんですね。

そんな風にシリコンで髪の表面をおおってしまっては、白髪染めトリートメントの染料が髪に付着しにくくなります。

そのため、白髪染めトリートメントをよく染めるためには、シリコンが入っていないノンシリコンシャンプーを使うのがおすすめです。

まとめ

今回ご紹介した方法は、一般的な白髪染めトリートメントの使い方(入浴時にトリートメント代わりに使う)に比べて、正直少し面倒です。

ですが、白髪染めトリートメントの染まりは良くなりますし、ヘアカラーで染めるようなダメージも避けられます。

しっかり染まるし、髪に艶は出るし、大人的には嬉しい効果がいっぱい
手間を差し引いても、有り余るメリットがあります♪

しっかり白髪ケアしつつ髪にハリツヤやボリュームが欲しい方は、ぜひ試してみてくださいね^^

アナタにおすすめの記事

\よく染まる&色持ちがイイ/
白髪染めトリートメント】人気おすすめランキング