【肌と髪に優しい】おすすめ無添加白髪染めトリートメント【頭皮がヒリヒリしない】まとめ


敏感肌で使える白髪染めがなかなかない、白髪染めで肌荒れしたことがあるという方は、白髪を染めるのも一苦労ですよね。

白髪を染めたいとはいえ、肌荒れしたり、頭皮がヒリヒリしたりかぶれたりするのは困りものです。

また、白髪染めトリートメントは市販カラーよりも髪に優しいとはいえ、すべてが無添加処方だとは限りません

管理人
わたしも敏感肌で、ヘアカラーでかぶれたことがあります。
だから無添加処方の白髪染めを必死になって探しました。
知り合いの美容師さんや皮膚科ドクターにいろいろ聞いたりと、お勉強もしました^^

そこで、わたしと同じように敏感肌でお悩みの方のために、髪に優しい無添加処方の白髪染めトリートメントをまとめました♪

より髪や頭皮をいたわりたい方は、ぜひ参考にしてくださいね^^

肌と髪に優しい無添加白髪染めトリートメントの選び方

ジアミンが配合されていないこと

一般的なヘアカラーに配合されている酸化染料(ジアミン)は、刺激の強い薬品です。

ヘアカラーのツンとくる匂いの正体もこのジアミン。
頭皮がピリピリする原因もこのジアミンです。

場合によってはアレルギー症状が起こってしまうことがある、キケンな成分なんですね。

管理人
頭皮がピリピリするって怖いですよね。
特に敏感肌の場合は、刺激を受けやすいためジアミンには要注意です。

一方、白髪染めトリートメントに主に染料として配合されているのが塩基性染料、HC染料、植物染料の3種類。

塩基性染料、HC染料は化学成分ですが、アレルギーを引き起こす可能性のあるジアミンと違って、髪や頭皮に優しい成分です。

だから白髪染めトリートメントは髪や頭皮へのダメージを抑えながら、白髪染めができるんですね。

白髪染めトリートメントを実際に使ったことがある方はご存知だと思いますが、一般的な白髪染め後のようなきしみやパサつきが出ないところに、成分の優しさを実感します^^

参考文献:消費者庁

無添加処方であること

ジアミン以外にも、頭皮や髪がトラブルを起こしやすい成分があります。
そんな刺激物を配合していないのが無添加処方と呼ばれるもの。

すべての合成物質が悪であるとは言えませんが、刺激やダメージを与える可能性があるものは、できるだけ避けたいところ。

ですので、敏感肌をはじめお肌が荒れやすい場合は、無添加処方のものを選んでおくと安心です^^

肌や頭皮、髪に優しい
無添加おすすめ白髪染めトリートメント

マイナチュレカラートリートメント

不使用の成分
ジアミン、合成香料、紫外線吸収剤、タール色素、サルフェート(硫酸塩)、シリコン、鉱物油、パラベン

染料
アシタバ葉茎エキス、ウコン根茎エキス、塩基性染料

ホホバオイル、アルガンオイルなど植物由来成分約94%で、うねりパサつき、きしみをケア。

管理人
赤みを抑えて艶を出したい人におすすめです♪

Web限定キャンペーンで初回30%オフの3,000円(送料無料)
気に入らなければいつでもストップ・解約可能です。
公式サイトへでくわしく見る 商品の口コミと詳細を見る

髪萌 HATSUMOEカラートリートメント

不使用の成分
ジアミン、タール色素、鉱物油、酸化剤、パラベン

染料
かごめ昆布、くちなし、塩基性染料

12種類の植物成分を配合。
髪を1本1本包み込む、独自のラッピング製法で天然色素を吸着させて、白髪を染める仕組み。
同時にキューティクルケアもおこなってくれるので、ツヤのある髪に♪

管理人
しっかり染めつつコスパも重視する方におすすめです♪

カラーアップ 1,760円(初回20%オフ/送料600円)
公式サイトへでくわしく見る 商品の口コミと詳細を見る

ハイステップヘアカラートリートメント

不使用の成分
ジアミン、合成香料、酸化剤、シリコン、鉱物油、パラベン不使用

染料
シコンエキス、ウコン根エキス、クロロフィル

髪表面のマイナスイオンとプラスイオンの結びつきで染めるという仕組み。
95%が美容成分は全部で、すべて23種類の植物由来成分が配合されています。

管理人
天然成分のみにこだわりたい人におすすめです♪

初回限定2,290円(送料別540円)
公式サイトへでくわしく見る

白髪染めで起こる肌トラブル

カラー剤で頭皮がヒリヒリしたという経験がある方も多いのではないでしょうか。

一般的なカラー剤に使用されているジアミンは髪や頭皮に強い刺激を与える成分。

ジアミンアレルギーは一度発症してしまうと治らないと言われています。
ジアミンアレルギーになると、ジアミンがお肌に触れるたびにアレルギー反応を起こしてかぶれてしまいます。

年齢とともに髪や頭皮も含めてお肌のバリア機能は低下してきます。
そのため、例えこれまでは平気だったとしても、髪や頭皮に悪影響があるものは避けるに越したことはありません。

参考文献:消費者庁

肌や頭皮、髪をいたわる
白髪染めトリートメントの使い方・対策

パッチテストをする

無添加処方の白髪染めトリートメントはお肌に優しいとはいえ、絶対にトラブルが起こらないとは限りません。

たとえばうるしなど、自然のものでも肌がかぶれることはあります。
また、これまでトラブルが起こっていなかったとしても、体調によっては反応が出てしまう可能性があります。

そのため、使用前にはパッチテストをしておくと安心です。

生え際にクリームをつける

生え際にクリームを塗っておくと、顔に白髪染めトリートメントが付着するのを防げます。
クリームは顔につけても大丈夫なものであればなんでもOK。ワセリンでも大丈夫です。

管理人
わたしは、市販カラーがおでこについて、かぶれて赤くなったことがあります。
それ以来、セルフカラーをする際は生え際にクリームをつけています。
クリームをつけるだけでかぶれが防げますよ^^

無添加処方の白髪染めトリートメントがお肌に優しいとはいえ、予防策をとっておくに越したことはありません。

ですので、お肌の弱い方は生え際にクリームを塗っておくのがおすすめです^^

まとめ

白髪染めで髪を痛めるのではなく、白髪染めでヘアケアする時代♪

これまで、お肌が弱くて白髪染めができなかった方、しっかり染まる白髪染めトリートメントに出会えなかった方は、下記の優秀白髪染めトリートメントを試してみてくださいね^^

敏感肌におすすめの白髪染めトリートメント ベスト3